脂肪燃焼ダイエットの基本・食事と運動で体脂肪を燃焼させる方法

ページ情報とURLをコピーする

男性は鍛え抜かれた筋肉が強調された体、女性は引き締まった体を手に入れたいと多くの人が思うものですが、美しい体に余計な「体脂肪」はその天敵…。

「ちょっと太った体が美しい」と言ってくれる人もいますが、健康のためにも、なるべく余計な脂肪は減らしておいて悪くはないと言うことができます。

今回は、日頃の食生活や生活習慣にて蓄積された体脂肪と、その体脂肪の効果的な燃焼方法について、基本となるポイントや秘訣などをご紹介します。

体脂肪を燃焼させるには「血糖値」の理解とコントロール方法が必要

体に蓄積されている「体脂肪」はまったく不必要な存在であるかというと、そうとは言い切れません。と言うのも、そもそも「脂肪」は人々が行動するために消費されるエネルギー源として存在しているとも言えます。

ただ、日々のエネルギーは消費されていくものなのですが、体内に蓄積されてしまう体脂肪は、いわば日々の食べ過ぎであったり、運動不足によって消費しきれなかった「エネルギー源」でもあるのです。

高カロリーな食べ物・炭水化物

Image Credit:Meat Burger / Pexels

また、体脂肪は血糖値が低くなると分泌されるホルモン作用により、エネルギーとして使われていきます。ホルモンの働きによって燃焼されるのです。

体脂肪が蓄積されるということは、食事をすることによって上昇した血糖値によって、インシュリンが働き、体は食事から得られた糖などを運動エネルギーとして消費します。この時、消費されなかったものは「体脂肪」として蓄えられてしまうのです。

これは食べ過ぎや、糖分の多い甘いものの摂りすぎと関係しており、インシュリンの過剰分泌を防ぐことが体脂肪の蓄積を抑えることにつながります。なお、血糖値の上昇を抑えるサプリメントなどは、この働きと関連性があるのです。

食べない、運動するだけではダメ?脂肪燃焼ダイエットの基本は適正適度な「食事と運動」

上記のことを考えると、食べないことで体脂肪を効果的に燃焼させることが可能だと考えてしまう人がいますが、それは危険であり、オススメできるものではありません。また、それによって必ずしも効果的に体脂肪を燃焼できる訳でもないのです。

運動・ランニングする人々

Image Credit:Running Styles / Flickr(@chrishunkeler)

スポーツ界のトップアスリートたちは「減量期間」など、一時的に食べる量を極限まで減らして過ごすことがあります。しかしそれらは体のメカニズムや栄養素、食に関する多くの知識やサポートがあるからこそ、できることであり、一般的にみんなが実践すべきことだとは言えることはできません。

ほとんどの人の場合、一時的に食べずに痩せたとしても、代謝が悪くなることにつながり、結果としては不健康を招くほか、リバウンドによってにプラスマイナスゼロ。むしろ体脂肪を増やしてしまうこともあるのです。

体脂肪を燃焼させる方法1:食事は食べる量とバランスを考えよう

先ほども説明した通り、人は食事を摂ることによって血糖値が上昇します。血糖値が高まりやすい食事法は空腹時に食事にがっつくという動作などや、一度に食べる量が多ことでインシュリンの過剰分泌を招いてしまいます。

ヘルシーな食事

Image Credit:healthy lunch meal fruits / Pexels

毎日の食事では、なるべく糖質や炭水化物などの多いメニューを好んで選ばずに、バランスの良い食事を心がけ、食物繊維の多いものを食べることも血糖値の急な上昇を抑えることにつながります。野菜など食物繊維の多い食べ物を選択することによって、食事の吸収が緩やかになるのです。

体脂肪を燃焼させる方法2:・無酸素運動をおこなおう

体脂肪を落とすことを目的として毎日、ダイエットなどの為に全く食べないという選択は得策ではありません。その代わり、上記のようにバランスの良い食事を自分に見合った適度な量で摂る習慣を付けることが、体脂肪の燃焼につながり、そして体脂肪の蓄積を防いでいきます。

これにプラスして、日頃から適度な運動を心がけることが大切です。朝にウォーキングしたり、夕方や夜は家の中で呼吸を積極的にできる体操を習慣付けるだけでも、脂肪燃焼の効果や脂肪の蓄積予防を期待できます。

とくにランニングやジョギング、水泳などの有酸素運動は体脂肪と糖質の分解を促進させ、脂肪をエネルギー源として消費していくことに適した運動です。また、これらは習慣付けることによってその効果が生まれていきます。

有酸素だけではなく無酸素運動も重要!筋トレによって「脂肪燃焼ダイエット」効果を高められる

筋力トレーニング用のダンベル

Image Credit:MacDill Air Force Base

人の体は筋肉があることで代謝が向上し、脂肪燃焼効果は高まるため、無酸素運動となる筋力トレーニングを適度に行なうこともオススメの1つです。フィットネスジムなどに通うのも良いですが、手軽できる方法として、スクワットなどを習慣付けるだけでも良いでしょう。

今回ご紹介したこれらのポイントや方法は、肥満予防などの対策や方法にとって当たり前なことなのですが、日々の食事量やバランスに気を使い、適度に運動を楽しみながら継続する事が、結果として体脂肪を効果的に燃焼させる毎日の確かな方法となっていくものです。

「脂肪燃焼ダイエットの基本・食事と運動で体脂肪を燃焼させる方法」のまとめ

  • 毎日の食べ過ぎや糖分の多い甘いものの摂りすぎで、体脂肪は蓄積されやすくなる。
  • 「食べない、運動する」だけではなく、脂肪燃焼ダイエットの基本は日々の適正適度な食事と運動に有り!
  • 積極的に呼吸できる「運動や体操」などの取り組みで、脂肪燃焼の効果や脂肪の蓄積予防を期待できる。
  • 筋肉があることで代謝が向上し、脂肪燃焼効果は高まる!有酸素運動と手軽な筋力トレーニングの習慣付けがオススメ。
0

SPONSORED LINKS