personal gym(パーソナルジム トレーニング 筋トレ)フィットネスダンベル

パーソナルトレーニングジムのデメリットと、退会や途中解約・リバウンドなどの解決法

ページ情報とURLをコピーする

近年、高い人気を誇るパーソナルジムでのトレーニングやダイエット。でも退会や途中解約、リバウンドなどの問題も少なくありません。今回はそんな、パーソナルトレーニングジムのデメリットについてご解説します。

一昔前、パーソナルトレーニングジムと言えば海外のセレブなどがプロのトレーナーをつけ、シェイプアップやダイエット・体型維持に繋げている事がほとんどでした。

ですが、今ではパーソナルジムは海外はもちろん、日本でも一般的なトレーニング方法として認知されており、男性から女性、主婦から学生まで人気を高め続けているフィットネスとなっています。

パーソナルトレーニングジム

今では普通のサラリーマンや主婦が通うことが当たり前になってきており、産後ダイエットからお尻周りや下半身やせなどに特化した「美痩せ」を提供するパーソナルジムも増えています。

しかしながら「パーソナルトレーニングジムに通って失敗だった」と後悔する人が居るのは少なくはありません。また、結局は通えなくなってしまったという話もちらほら…。

そんな、よくあるパーソナルトレーニングジムの不安・不満ごとなどのデメリット、そしてそのデメリットの回避・解消・解決方法をご紹介します。

よくある「パーソナルトレーニングジムのデメリット」について

パーソナルトレーニングジムと言えば、日本ではおなじみ「結果にコミット」のライザップが有名でもあります。あの印象強いテレビCMで一躍、「パーソナルトレーニングジム」を世間に普及させたと言っても良いくらいかもしれませんね。

リバウンドした女性

ただ、実はパーソナルトレーニングジムで最も初歩的な問題…というよりも、よく挙げられるデメリットとして「パーソナルトレーニングなら簡単に痩せられる」という誤った考えで、入会してしまう方も少なくはありません。

また、パーソナルトレーニングジムは2ヶ月〜3ヶ月間のプログラムで、プロのトレーナーによる様々な指導を受けられるため、掛かる料金費用も高額です。そのため、それを理由に「退会」や「途中解約」してしまう結果、パーソナルジムでのダイエットに失敗したという意見が多い事もあります。

デメリット1、パーソナルトレーニングジムの料金費用は高額

パーソナルトレーニングジムは通常、ダイエットやボディメイクを2ヶ月〜3ヶ月間の短期間で計画的に実施していきます。

知識と経験のあるプロのトレーナーと共に、正しいトレーニング方法、そして食事管理や食事制限、生活面での改善等を行い、健康的な肉体や生活習慣、ダイエットを成功へと導いていきます。


Via weheartit

また、パーソナルトレーニングジムにはトレーニングに必要のためのマシーンがあり、自己流のダイエットでは不可能な環境が整えられています。そのため、パーソナルトレーニングジムはフィットネスサービスの中でも比較的、高額な方です。

「パーソナルトレーニングジムに興味があるものの、トライできない」という一番の理由に、高額な料金が挙げられる事があります。また、高額なため「途中で諦めたてしあったり、リバウンドする事が怖い」という意見も。高額な料金隊がデメリットとして挙げられやすい事が多くあります。

デメリット回避のためには「分割払い・体験」が可能なジムを選ぶのも良い

パーソナルトレーニングジムの相場は約2ヶ月間のプログラムで20万円ほど。それ以上に高額のジムもあれば、15〜20万円台の低価格なパーソナルジムも増えています。

また、実際に料金が高額な方がジム・トレーニング施設が充実していたり、アフターフォローなどが手厚い場合があります。「高額なジムで失敗したくない」「パーソナルジムに興味があるけど料金が高額で…」という方は、分割払いなどを活用する事が良いでしょう。

返金保証

パーソナルジムの中でも高額と言われる大手ライザップでも「分割払い」によって通いやすさに繋げるなどの取り組みがあります。さらに、料金の分割払いで通いやすいパーソナルジムサービスを提供するところは増えています。

この他、カウンセリングだけではなく、入会前に「体験トレーニング」を実施できるパーソナルジムや、ダイエットの結果を得られなかった場合の「保証制度」を整えているジムも増えており、以前よりもパーソナルジムへの来店や入会は敷居の低いものとなっています。

デメリット2、パーソナルトレーナー・ジムの相性・方針が合わない

パーソナルトレーニングジムでありがちな問題として、入会したパーソナルトレーニングジムの方針やプログラム、そして、担当トレーナーとのコミュニケーション、やり方・指導が合わないという意見も、意外と多くあります。

このデメリット面を解消する方法として、入会前に検討するジムの評価や口コミに目を通す他、初回カウンセリングにて、担当してもらう方に気になる事や、不安ごと、そのパーソナルジムの方針等の質問をぶつけ、しっかりヒアリングしてもらう事が良いでしょう。


Via weheartit

今現在、多くのパーソナルジムでは初回カウンセリングをしっかり実施してくれるところがほとんどです。その時に遠慮せず、入会前に気になることや心配事をぶつけてみてください。入会後に「ジムが合わない」という不満を少しでも解消できる手段となるでしょう。

なお、毎年の夏場はパーソナルジムなどが混みやすい季節でもあります。その時期は「予約が取れずらい」「ヒアリングの時間が短い」という事もありますので注意が必要です。「肌を露出する機会の増える夏場のダイエット成功」を目標とする方が多いため、夏場に絞らないジムへの入会も、オススメの1つとなります。

女性の場合、男性トレーナーからのボディタッチが気になる場合も

近年、ぽっこりお腹解消を願うサラリーマンの利用者や、学生なども多くパーソナルトレーニングジムを入会していますが、その中でも増加傾向にあるのが女性のパーソナルトレーニングジムへの入会です。

パーソナルトレーニングジムではただ痩せるだけではなく、くびれが引き締まったラインなど「美しく痩せる」事が可能で、体型改善や体制維持のための食事面や生活面での知識も得られやすいため、女性の人気は急上昇です。


Via weheartit

ですが、そのために「男性トレーナーからのボディタッチが気になる」という女性利用者特有の意見もあり、今では自前に「ボディタッチをなるべくしない指導法」などを掲げているパーソナルジムもあります。

さらに、女性専用パーソナルジムも増えており、女性トレーナーのみが在籍するパーソナルジムや、女性には女性トレーナーのみが担当にしてくれるジムも増えているため、「男性トレーナーのボディタッチは絶対にいやだ」という方は、自前に「女性専用ジム」などに絞っている事が良いでしょう。

デメリット3、パーソナルトレーニングジムで結果が出ないまま卒業

上記の他にも、パーソナルトレーニングジムを利用した方でデメリットを感じるポイントに、20万円ほどの高額な料金を支払ったものの「想像以上のダイエット効果を得られないまま、卒業を迎えてしまった」という意見もあります。

リバウンドした女性

パーソナルトレーニングジムは2ヶ月〜3ヶ月間の間、週2回ほどのペースでジムに通い、プロ指導のもと効果的なトレーニングを行い、それ以外は日頃、計画的な食事管理と私生活で行なえるお手頃なダイエットの実施などを行います。

そのため、期間中に風邪を引くなど大きく体調を悪くしてしまい、ダイエットに集中できない期間が生まれてしまったり、仕事での時間が増え、生活リズムが崩れてしまう事で、せっかくのプログラム期間を有意義に過ごせず、満足いく結果が出ないまま卒業を迎えてしまう場合も少なからずあります。

今では、しっかりそれらの生活面を把握し、フォローしてくれるパーソナルジムが増えていますが、「満足いくほどの結果を得られなかった」という意見も少なくはありません。

デメリット回避・克服のために「全額保証制度」のあるジムを選ぶのも良し

上記のように、結果が出ないまま卒業する問題を防ぐために、パーソナルトレーニングジムに通っている期間中は、しっかり担当のトレーナーさんに生活リズムや体調の変化を報告し、なるべくその時に適した「トレーニング」や食事のアドバイスをもらう事が良いでしょう。

全額保証制度

なお、余談ですが、パーソナルジムに通い効果的なトレーニング等を実施していても、食事面で「隠れ食い」などをしてしまうと、ダイエットの効果は著しくよくない結果になりやすい事もありますので、ご注意を…。

それでも、最近はダイエットの結果が出なかった場合の「全額保証制度」などを整えているパーソナルジムは増えているため、比較的、安心して通いやすいパーソナルトレーニングジムは増えています。

デメリット4、パーソナルトレーニングジム卒業後にリバウンドする

パーソナルトレーニングジムのデメリットとして挙げらやすい事の1つに、せっかくダイエットに成功したのに「パーソナルトレーニングジム卒業後にリバウンドしてしまった」という意見もあります。

リバウンドした女性

比較的短期間でのトレーニングや食事制限の実施では、どうしても身体がストレスを感じてしまい、卒業後に気が抜けて「よく食べてしまう」事や、せっかく身につけたトレーニングを行わないと体重は自然と増えてしまうものです。

トレーナー指導のもとでのトレーニングや食事面の管理がなくなると、意識が自然と疎かになってしまいやすく、せっかくダイエットに成功して卒業したものの、みるみるうちに体型や体重が以前のように戻ってしまう「リバウンドしてしまう」事がデメリット面として多くあります。

デメリット回避・克服のために「卒業後にリバウンド予防」としてアフターフォロー充実のジムを選ぶ

パーソナルトレーニングジム卒業後にリバウンドする事を避けるために一番の方法は、卒業後もパーソナルジムで得た経験と知識をもとに、自分で食事と運動の管理をおこなっていく事しかありません。

ただし、パーソナルトレーニングジム卒業後、月額料金が数千円代のスポーツジムに通い始めることもオススメの1つです。また、最近では卒業後のアフターフォロー制度を充実させているパーソナルトジムも増えています。


Via weheartit

パーソナルトレーニングジムのアフターフォロー制度は、卒業後のリバウンドを予防したり、さらにダイエットに打ち込むために用意されているなど、一度お世話になったパーソナルジムへ継続的・定期的に通えるなどのメリットがあります。

そのため、「パーソナルトレーニングジム卒業後にリバウンドしてしまう」と言ったデメリット面を回避・解決することに繋げていくことができます。

デメリット5、パーソナルトレーニングジムの重い負荷や生活リズムに合わせれない

「パーソナルトレーニングジムに興味があるけど・・・」と言った方に多い悩みに、パーソナルトレーニングジムでのダイエットに興味があるけど「重い負荷のあるトレーニングはできない」「厳しい食事制限に自信を持てない」という方も多くいます。


Via weheartit

また、実際に通ってみて、負荷の掛かるトレーニングに耐えられず、パーソナルジムを退会や途中解約してしまう方も少なくありません。このような問題が結果として「パーソナジムが合わなかった、トレーナーと合わなかった」などの問題にも繋がっているのかもしれませんね。

デメリット回避として、自動マシーン主導の負荷の掛らないジムや食事制限のないジムを選ぼう

女性専用パーソナルジムなどが増えている中、パーソナルトレーニングジムのサービス自体も多様化しています。中には「AI(人工知能)技術を導入したトレーニングマシン」を導入する大手パーソナルジムも登場しています。

トレーニングマシーン

最新のトレーニングマシンは、必要以上に負荷をかけないトレーニングを受けられるとして好評の声も。また、最近では「キツイ食事制限は取り入れない」事を掲げるパーソナルジムも増えています。

「パーソナルトレーニングジムに興味があるけど、負荷のあるトレーニングやキツイ食事制限に耐えらない」と言った人には、是非とも上記のような最新マシーン主導型のパーソナルジムや、キツイ食事制限を設けないとするパーソナルジム選びがオススメです。


Via weheartit

また、近年はパーソナルトレーニングジムに限らず、グループ式のフィットネススタジオや、初心者でも参加しやすいフィットネスヨガ、ホットヨガスタジオなども増えていますので、こういったフィットネスサービスを検討してみる事も良いでしょう。

最後に、パーソナルトレーニングジムに通うメリットは多い

ここまで「パーソナルトレーニングジムのデメリットと、退会や途中解約・リバウンドなどの解決法」などをご紹介してきましたが、最近のパーソナルトレーニングジムは、しっかり利用者のニーズに合わせたジムが増えています。


Via weheartit

女性でも安心して通える女性専用パーソナルジムの増加や、女性が求める体型のためのダイエットをサポートする「女性向けプログラム」を提供してくれるジムなど。また、ダイエットの結果が出なかった時のための「返金保証制度」など。

このほか、卒業後のリバウンドなどを防止・予防するための「アフターフォロー制度」を取り入れたパーソナルジムの増加など。近年のパーソナルトレーニングジムはサラリーマンから学生さん、主婦など様々な層のニーズにしっかり合わせたサービスが充実し始めています。

デメリットを回避・解決するためにも初回のカウンセリングを大切に

最近のパーソナルジムでは初回のカウンセリングをしっかり実施し、初めての方やトレーニング経験のない方などの不安などを解消してくれるヒアリングを実施してくれる店舗も、とても増えています。

カウンセリング

「パーソナルジムに興味がある」「パーソナルトレーニングでしっかりダイエットしてみたい!」「正しいトレーニングや食事の知識を得てみたい」という、これからパーソナルジムを検討してみたいという方など。

ぜひとも「自分の理想や目標、または自分の不安をしっかりサポートしてもらえそうなジム」を選んでみてください。また、初回体験などを提供するパーソナジムもありますので、一度、気軽にパーソナルジムの無料カウンセリングなどに足を運んでみる事が良いでしょう。

0

記事に協力してくれたゲストライター

  • 阿部孝
    阿部孝

SPONSORED LINKS