美容女子 スキンケア ヘアー(free)

綺麗・美しくなるための11の基本ステップ【女性の頑張り美容】

ページ情報とURLをコピーする

スキンケアにメイクにファッション、ヘアケアやヘアセットまで女性は日頃から何かと大変…。でもだからこそ「綺麗になるには何を頑張ればいいんだっけ」と悩むこともあるかもしれません。今回は「綺麗・美しくなるための基本」を11つのポイントにまとめて、ご紹介します。

スキンケアだけじゃない!綺麗・美しくなるための基本ステップ

今は女性だけではなく男性もが日頃からのデイリースキンケアに励む時代。また、ヘアケアからムダ毛処理にこだわる男性の割合もとても増えています。

一方の女性と言えば、毎日のスキンケアにメイクにファッション、ヘアケアやヘアセットまで頑張らないといけないことは沢山…。

メイク 女性

けど、そもそも「何を頑張ればいいのか」悩むことも少なくないのかもしれません。また、美容を頑張るにしても女子力を高めるにしても「頑張るべきポイント」がわからなくなることも…。

今回は、毎日のスキンケアや美容ケア以外、また、美容に限らずに「綺麗になるために頑張るポイントの基本・基礎ステップ」と「頑張り美容」のポイントをご紹介します。

1、美容の基本スキンケケアでたまご肌・赤ちゃん肌を目指す

美容において基本の基本・スキンケアは女性にとっても、今では男性にとっても大切なこと。日頃から肌のケアをしておくことで肌トラブルを予防し、のちのちの肌の老化対策にも繋がっていきます。


Via weheartit

美肌と言われる「もちもち、かつ透明感のある肌」をつくるには日頃から洗顔、クレンジング、たっぷりの化粧水ケア、美容液の活用などデイリースキンケアをしっかりおこなうこと。

自分の肌質・目的に合った基礎化粧品を選び、また、産毛を剃ることで肌色がワントーン明るくなり、化粧のりもよくなる他、週に1〜2回パックをしてみることもオススメ。

スキンケアは肌のみケアに限らず、肌荒れがひどいときは食生活・生活習慣を見直すほか、なるべく夜型の生活は避けてキレイな肌の天敵・ニキビや吹き出物を自前にケアしておく意識を持つこともスキンケアにおいては大切です。

2、ネイルケアや爪を綺麗にしてみる

女性の美容・綺麗にとってスキンケア以外にも、ネイルケアも当たり前になった今だからこそ、爪の綺麗さに意識してみることも大切なポイントです。

今では使える爪やすりは100円ショップでも購入できるため、適度に爪の表面を磨きましょう。

ネイルケア

切りすぎ、伸ばしすぎに注意しながら、かくかくの爪じゃなく、丸いアーチ状を意識して形を整えることが良いでしょう。

爪を手入れする場は、爪の白い部分の面積が広すぎると不格好なので注意しましょう。爪の健康に関してはネイルサロンにてプロの方にアドバイスを貰うこともオススメです。

3、しっとりした手を目指し、美しい指先で大人キレイを

爪をお手入れし、美しい指先で綺麗さを手に入れたらついでにハンドケアも忘れずに。


Via weheartit

ハンドケアのポイントはこまめにハンドクリーム・保湿クリームを塗ること。特に冬場の乾燥の時などはこまめに使うことが良いでしょう。

また、指先の乾燥にはオロナインもOK。他にもリラックスできる香りのハンドクリームを使うこともオススメします。

最近では手や指先のケアに重点をおいた無添加や医薬品など表記されているハンドクリームも増えているため、自分の目的や使い心地にあったハンドクリームで美しい爪と指先で「大人キレイ」を目指しましょう。

4、がさがさの唇はNG!こまめなリップケアも

見た目的にも健康的にも、日頃からリップケアをすることは大切なポイント。がさがさ・ひび割れ唇は見た目のイメージにも影響するだけではなく、放っておくことで炎症などに繋がってしまいます。

リップケア

また、口の端が切れたりする場合やそれが続く場合は胃の調子が悪いサインである場合も…。リップケアは薬用リップを使用することもオススメです。

なお、リップケアで気をつけておきたいポイントに「過剰に塗りすぎると逆に油分がなくなり乾燥してしまう」ことがありますので要注意。今ではプチプラで購入できる「唇のパック」もあるため、リップケアに活用してみることも良いでしょう。

5、むだ毛の手入れをぬかりなく、脱毛サロンなどの活用も

今では男性の脱毛意識が高まっている中で、ムダ毛処理も女性にとっては絶対に忘れらない美容ケアの1つ。

眉毛のカットを含めて顔の産毛など、季節に関係なくお手入れが必要で、特に腕などは見られやすい箇所のためにムダ毛処理は完璧に。


Via weheartit

また、ムダ毛処理後は必ず保湿して肌荒れを防止する意識を持つことも「ムダ毛のお手入れ」においては大切なポイント。

女性とは異なり、毛深い故に脱毛サロンでケアする男性が増えているように、今では脱毛サロンや脱毛クリニックでムダ毛を徹底ケアすることも当たり前になりつつあります。

また、以前と比べて低価格・支払いしやすい脱毛サロンやクリニックも増えてきているため「そもそもムダ毛はサロン(又はクリニック)にて、プロの方に徹底ケアしてもらうこと」を選択してみることも良いでしょう。

6、眉毛にこだわる

眉毛は自分の骨格やヘアスタイルの他、眉毛の形や濃さ・太さは時代とともにトレンドが変わっていく特徴があります。


Via weheartit

眉毛は短すぎと「まろ眉毛、平安貴族みたい」薄すぎと、田舎のヤンキーや不良少女のよう、濃いすぎと「ぼやったい、もさい」など、印象が様変わりしてしまうもの。

また、眉毛の脱色もオススメで、あくまでも自然な眉毛をつくることが眉毛カットの基本。眉毛に関してはヘアカット・ケアしてもらう時などにプロの美容師さんに相談するほか、ビューティーサロンにてプロの方に相談してみることもオススメです。

7、日頃から笑顔を増やす

綺麗になるために頑張るべきは美容意識だけではありません。意外にも人の顔や人相、雰囲気には言葉使いや日頃の感情が表に目に見えた形で出てしまうものです。

笑顔の女性

毎日が愚痴ばかり・陰口ばかりにならないように気をかけて、「美と健康」のためにも笑顔でいれる生活スタイルを手に入れる・目指すことが大切なポイントです。

また、笑顔も「へらへら」や作り笑顔ではなく「ニコニコ」できる環境や生活習慣を目指して、表情筋の運動を取り入れることがポイント。日頃から自分の笑顔を鏡で確認してみることもオススメです。

8、美容はスキンケだけではなく自分にあった体型維持

女性とってスキンケアと並び美容と美しさにおいて重要に思うのは「体型」、そしてダイエット。

けして痩せていればいいという訳ではなく、スポーツジムの広まりで最近では女性でも程よく引き締まった体型などに人気があります。

また、実際に人によって似合うボディスタイルは様々で「少しぽっちゃり」でも魅力的に見えたり、逆に痩せすぎて魅力がなかったり…なんてことも。


Via weheartit

ダイエットは「自分の身長とのバランスを考えた体型」を目指すのがよく、近年はパーソナルジムやフィットネススタジオに通う女性が急増しています。

実際にプロのトレーナーに運動や日頃の食事習慣などをアドバイスしてもらうことが、見た目的にも健康面でも良い体型を手に入れるために一番いい方法と言えるでしょう。

また、日頃からお手頃な健康グッズなどを活用して、むくみケアやマッサージなどをして解消することも「キレイな体型」の為になることでしょう。

9、運動だけではなく日頃から姿勢をよくする

日頃からのダイエットや体型維持のために、運動したり食事を適度に制限することも美容のためのポイントになりますが「姿勢への意識」を持つことも大切なポイントです。

とくに「猫背」は男性女性関わらず、周りからの受けも良くなく、体にとっても負担となるものです。


Via weheartit

日頃からイスの座り方に気を付ける他、外を出歩く時には自分の歩く姿をショーウィンドウなどで小まめに確認してみることも◎

歩くときはうつむかず・前のめりにならない事、がに股で歩かない・靴をひきずって歩かない事などに気を遣うのも良し。

日頃の姿勢においては運動やダイエット同様に、スポーツジムのトレーナーやマッサージ師や整体師に相談することがベストな選択です。

10、さらつやヘアーを手に入れる

女性とって髪はとても大切なポイント。美人でもパサパサな髪の毛は気持ち的にもグレーなものになってしまいますし、サラつやの髪は女性にとって憧れの1つでもあります。

さらつやヘアー 美髪 女性

根本から毛先までするっと指が通る髪が理想的。まずは自分にあったシャンプーを見つけて、香りを楽しめるものを選ぶことも基本的なヘアケアの大切なポイント。

また、洗髪後はなるべく早く乾かすことは今や常識ですが、できるだけタオルドライした後にドライヤーするなど、デイリースキンケアのように毎日のヘアケアも意識することが良いでしょう。

また、若い時はやりがちかもしれませんが、セルフカラーの繰り返しはなるべく避けて、定期的に美容室でプロの方にケアをしてもらうことが「サラつや」を手に入れる大切なポイントになります。

11、自分にあった髪型・ヘアスタイルを探す

サラつやヘアー以外にも、ヘアケアで一番大切なポイントは「自分に合った髪型・自分の顔の形にあった髪型」を目指すこと。

女性のヘアスタイル

日頃からスキンケアやファッション、サラつやな髪のケアに気をつけていても、自分の雰囲気やイメージに合わない奇抜な髪型な場合は残念な印象になってしまいます。

髪型に関しては美容室でプロの方にアドバイスしてもらいつつ、お任せすることになりますが「少し明るめの髪色にしてみる」「思い切ってショートにしてみる」など、まずは自分の理想を持つことが大切です。

自分と雰囲気の似ている人の髪型を参考にしたり、なりたい雰囲気のイメージで髪型を探し、美容師さんに相談して実際に施術してもらうなど、髪型に関しては美容室・美容師選びも大切なポイントになります。

髪型は前髪をおろすのか、わけるのか、だけでもとてもイメージが変わるものですし、ゆるふわカールの優しい雰囲気から、黒髪ストレートの綺麗系まで様々な髪型・ヘアセットがあります。また、好きなモデルさんの髪型を真似してみる・挑戦してみるのも良いかもしれません。

頑張り美容の女性へ:美容を頑張るのではなく、美容を楽しもう

ここまで「美容・綺麗のために頑張るべき美容の基本ステップとポイント」を紹介してきましたが、最後にアドバイスしたい一番のポイントは美容を楽しむこと。

美しく・可愛らしさを兼ね備えた女性にとって一番のケア・自分磨きは「美容を楽しむこと」でもあります。

beauty woman

いくらスキンケアや美容を頑張っても、それがイヤイヤであったり、自分の生活や精神面に負担をかけてしまい、疲れながらの美容ケアである場合、どこか苦しく感じられ、いつか爆発してしまうなんてことも…。

もちろん美容を頑張るのは悪いことではありませんが、そうならない為にも「美容を頑張る」に囚われずに、美容を楽しむことを一番のポイントにすることが良いでしょう。

綺麗・美しくなる基本:大切なことは美容やケアを嫌いにならないこと

美しくなるために努力しすぎるあまりに、メイクを頑張り、ヘアセットにこだわり、無駄毛の処理を頑張り、ダイエットのために食べたいものも食べないことが当たり前になってしまう場合は注意が必要です。

美しくなるための美容法やスキンケア故にストレスが増え、モチベーションも下がって、やる気が低下しまう他、ストレスによって暴飲暴食に走ってしまったり、肌荒れしてしまっては本末転倒。

そうならないためにも、「美容を頑張る」意識だけではなく「日頃からまずは美容を楽しむ」ことを大切にしていくことが良いでしょう。

スキンケアからメイク、ヘアセットもファッションも「楽しみ」を大切にして、服を買うときは美しくオシャレな自分をイメージしながら選ぶのも◎

日頃のスキンケアや美容ケアから得られるワクワク感を忘れずに「美容を楽しむ」ことが一番大切です。そして美容・綺麗になるためのケアを楽しめることが「最高の美容法」となっていくことでしょう。

手軽に美容のモチベーションアップ、美容ケアのモチベーションを向上させる方法

2019年4月19日
0

SPONSORED LINKS